慰謝料を決める要素

慰謝料を決める要素

2017.03.06
/ / /
Comments Closed

慰謝料の金額を決める要素として、以下のようなものが挙げられます。怪我の治療にかかった通院期間が長いほど、慰謝料の金額は高くなります。入院期間についても、長いほうが慰謝料は高額になっていきます。事故に遭い、仕事を休んでしまうとその期間の収入が減ってしまいます。この仕事を休業した期間の補償を休業損害といい、賠償請求できます。過失割合とは交通事故の過失の程度を当事者間で割合化したものです。被害者側に責任がある場合には、被害者に対する慰謝料は、被害者の過失割合分を引いた額になります。できるだけ多くの慰謝料を請求したいのであれば、自分の過失割合を少なくする必要があります。加害者側の保険会社が主張する過失割合に不満や疑問があるときは、弁護士に相談したほうが良いでしょう。

後遺症があると慰謝料の金額は高くなります。後遺症のなかでも等級が認められたものを後遺障害と呼びます。後遺障害は第1級~第14級まであり、等級の数字が低くなればなるほど後遺障害は重くなり、慰謝料の額も高額になっていきます。後遺障害が認定されれば、それぞれの等級に応じた後遺障害慰謝料と逸失利益を加害者に請求することができます。適切な等級の後遺障害の認定を受けることが大切で、そのためには医師が症状固定したと認めるまで治療を最後まで継続することが重要です。後遺障害の等級認定請求は弁護士に依頼すると後遺障害診断書の書き方をサポートしてくれるので、スムーズに手続きを進めることができます。

Comments are closed.