Daily Archives 2017.03.06

弁護士に依頼する

2017.03.06
/ / /
Comments Closed

交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼すると、慰謝料が増額する可能性があります。治療期間が終了すると、保険会社から慰謝料を提示されます。このとき、被害者が自ら交渉した場合には、保険会社は支払う額を低く抑えようとして、自賠責基準額かそれに近い額の任意保険基準額での提示しかしてくれません。弁護士基準の適正な額で慰謝料を受けるためには、弁護士に依頼することが必要になります。

弁護士は、弁護士基準額での解決を求めて訴訟を起こすという選択肢があるため、保険会社に対して強気で請求ができます。また、保険会社の担当者は交渉のプロですので、自ら交渉するのは被害者にとって負担になることも多く、出来るだけ早く終わらせたいと慰謝料の金額が低いと思いながらも交渉を終わらせてしまうこともあるようです。弁護士に依頼したほうが交渉を有利に進めることができますし、保険会社との対応にかかる心身の負担を軽減することができます。後遺症が残ってしまった場合、その被害は一生のものとなる可能性もあります。

交渉は、苦痛に対する妥当な金額を払ってもらう権利を主張するために重要な場です。示談が成立すると原則として示談内容を変更できなくなるため、主張すべきことに漏れがないように注意を払わなければなりません。交通事故に精通した弁護士に依頼することで、妥当な慰謝料をもらえる可能性が高くなります。

慰謝料の基準

2017.03.06
/ / /
Comments Closed

慰謝料の支払い算定は一般的に、任意保険基準、そして自賠責保険基準、さらに弁護士基準の3つの基準があります。自賠責保険とは、自動車を運転する人誰もが必ず加入しなければならない保険で、交通事故が起こった際は、まず自賠責保険から保険金の支払いが行われます。そのため、自賠責保険基準は3つの基準の中で最も低い基準になります。任意保険とは、一般的に広く自動車保険といわれているもので、自賠責保険でカバーできない部分を補償するための任意加入保険です。任意保険基準は、自賠責保険基準よりも高い基準ですが、各保険会社によって基準が異なることや、非公開であるため外部から確認できません。

弁護士基準は別の呼び方では裁判所基準とも言われ、裁判所の考え方や判例を参考にして東京三弁護士会の交通事故処理委員会によるものを基準として慰謝料等を決定するなど、多くの裁判所で運用されているものです。自賠責保険基準など他の保険の基準と比べて、客観的で公正な判断に基づいているもので、基準も高額となっています。慰謝料の額が少ない、保険会社の提示金額に不満があるという方が慰謝料を高額にする最も効率的な方法は、弁護士基準で請求をすることです。

慰謝料を決める要素

2017.03.06
/ / /
Comments Closed

慰謝料の金額を決める要素として、以下のようなものが挙げられます。怪我の治療にかかった通院期間が長いほど、慰謝料の金額は高くなります。入院期間についても、長いほうが慰謝料は高額になっていきます。事故に遭い、仕事を休んでしまうとその期間の収入が減ってしまいます。この仕事を休業した期間の補償を休業損害といい、賠償請求できます。過失割合とは交通事故の過失の程度を当事者間で割合化したものです。被害者側に責任がある場合には、被害者に対する慰謝料は、被害者の過失割合分を引いた額になります。できるだけ多くの慰謝料を請求したいのであれば、自分の過失割合を少なくする必要があります。加害者側の保険会社が主張する過失割合に不満や疑問があるときは、弁護士に相談したほうが良いでしょう。

後遺症があると慰謝料の金額は高くなります。後遺症のなかでも等級が認められたものを後遺障害と呼びます。後遺障害は第1級~第14級まであり、等級の数字が低くなればなるほど後遺障害は重くなり、慰謝料の額も高額になっていきます。後遺障害が認定されれば、それぞれの等級に応じた後遺障害慰謝料と逸失利益を加害者に請求することができます。適切な等級の後遺障害の認定を受けることが大切で、そのためには医師が症状固定したと認めるまで治療を最後まで継続することが重要です。後遺障害の等級認定請求は弁護士に依頼すると後遺障害診断書の書き方をサポートしてくれるので、スムーズに手続きを進めることができます。

交通事故の慰謝料とは

2017.03.06
/ / /
Comments Closed

交通事故被害の慰謝料について興味がある方も多いのではないでしょうか。慰謝料とは、交通事故によって被った精神的・肉体的苦痛に対する賠償のことをいいます。交通事故で相手に謝って欲しいというのはもちろんですが、それ以上に相手側に誠意を見せてもらいたいという方も多いでしょう。一般的に慰謝料というと賠償金全体を指しているようですが、慰謝料は厳密に言うと、交通事故の被害者が保険会社から支払ってもらうべき賠償金の項目のひとつです。

賠償金には、治療費、通院交通費、休業損害、入通院慰謝料が含まれ、後遺障害が認定されたときには、後遺障害慰謝料と逸失利益が別途支払われます。逸失利益とは、交通事故に遭わなければ本来もらえたであろう将来の収入などの利益のことをいいます。

慰謝料には、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3つがあります。入通院慰謝料とは、交通事故で入院や通院を強いられた場合に被害者が受けた損害を賠償するもので、苦痛に耐えることや検査・リハビリを受けることに対する迷惑料に当たります。後遺障害慰謝料とは痛みや痺れなど治癒しないで残ってしまった後遺障害の苦痛、外見の悪さ、生活への悪影響などの損害を賠償するものです。後遺症と後遺障害は異なり、後遺障害とは後遺障害の申請をおこない、損害保険料率算出機構に属する自賠責損害調査センター調査事務所に認定されたものです。死亡慰謝料は被害者が死亡した場合、遺族に支払われる慰謝料のことをいいます。